1. TOP > 
  2. 仕事と人を知る > 
  3. 研究

研究

研究者として、母親として会社とともに成長し続けていきたい

Profile

技術研究所研究部 鋼板第2グループ
工学研究科 材料開発工学専攻 1997年入社

Career History

1997 2006 2007 2013

1997年 入社 技術研究所配属

2006年 技術研究所 ラミネート製品グループ

2007年 技術研究所研究部 機能材料グループ

2013年 技術研究所研究部 鋼板第2グループ

入社を決めた理由を教えてください。

バリバリ研究開発を行い、後輩に慕われる社会人が目標でした。大学での金属材料に関する開発の勉強が即活かせると感じたことと、インターンシップの実習で訪ねた際に大学の先輩に大変お世話になり、「社会人になったらこんな仕事をしたい」と思ったのが入社の決め手です。

今はどんなことを行っているのですか?

鋼板関係の2グループのうち、薄板や建装材を扱う部署に所属し、特に銀鏡めっき鋼板「ミラーコートK」に関する仕事をしています。この製品については開発当時から携わっていて、新機能を付与して特性向上の可能性を見出したり、生産現場で起こった問題に対してメカニズムの解明を行ったりと日々技術開発に取り組んでいます。

仕事で楽しかったこと、辛かったことは?

嬉しかったのは開発した製品が完成して市場に出たこと、そしてそれが表彰されたこと。ミラーコートKについては既存の鋼板から派生した製品と違い、新たに開発するという点で発見ややりがいが多かったのですが、それと同時にわからないことも多く、辛いこともたくさん経験しました。

ズバリ、東洋鋼鈑の魅力とは?

古きを大事にしながら新しいことに挑戦していく社風なので、自分をしっかり見つめながらやりたいことにチャレンジできると思います。また、女性従業員の結婚・出産・育児に対する制度が整えられ、より働きやすくなりました。自社で保育園や幼稚園を設立するなど、働く女性に理解ある会社です。

1日のスケジュール

出勤準備

子供を保育園へ送り、ママは電車で会社へ向かいます。

出社、安全朝礼、メールチェック、実験計画、実施

研究所というと暗い印象がありますが、時に熱い議論を交わしながら楽しく仕事しています。開発に対する想いが強い部署です。

昼食

研究所内の一室で女性社員数名とお弁当を食べます。自宅で家族に食事を作っている分、外では自分の手料理を食べたくないので、もっぱら会社のヘルシー弁当です。決して手抜きではありません……。

打ち合わせ、データ整理、報告書作成

仕事がうまくいくよう、人とはいつも笑顔で話すことを心がけています。

退社

帰宅。夕食の準備

仕事の基本は家庭がしっかりしていること。会社や仕事に影響がないよう、家事も段取りを重要視しています。

トピックス

私のプライベートタイム

休日は掃除、洗濯、買い物のほか、子供と一緒に出かけたり遊んだりします。楽しいけれど、休日の方が疲れることも……(笑)。それでも子供にはさまざまな経験をさせたいので、なるべく家にこもらず外へ出かけるようにしています。年に1、2回は家族で旅行したり、実家に帰省して親に会わせたり。子育てを通して自分も成長したかな。今は子供の成長が一番楽しみですね。

私の必需品

子供です。何にでも通用するすごい武器です。反対に自分が攻撃されることもありますが(笑)。真面目に答えるとすれば、通勤電車で読む本でしょうか。仕事や家庭のことを忘れ、何かに没頭する時間はとても大事です。